絶対に後悔しないおすすめ海外FX業者3選

海外FX口座徹底比較

実際に様々なFX業者を利用してきた中で、おすすめなFX業者を紹介していきます。
トレーダー視点でレビューしているので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

海外FX業者を選ぶ際に重視すべきポイント

レバレッジ

海外FX業者を利用する際に、1番大きなメリットがレバレッジです。
国内業者では25倍でしかトレードできないのに対し、海外業者では数百~数千倍ととても高いレバレッジでトレードする事が出来ます。

例えば、証拠金1,000ドルでドル円をトレードした時の損益は以下のようになります。

レバレッジ1倍10倍25倍100倍200倍500倍1,000倍
証拠金1,000ドル1,000ドル1,000ドル1,000ドル1,000ドル1,000ドル1,000ドル
取引金額1,000ドル10,000ドル25,000ドル100,000ドル200,000ドル500,000ドル1,000,000ドル
利益
1ドル=101円になった場合
+1,000円+10,000円+25,000円+100,000円+200,000円+500,000円+1,000,000円
損失
1ドル=99円になった場合
-1,000円-10,000円-25,000円-100,000円-100,000円-100,000円-100,000円

海外FX業者ではゼロカットシステムによって、追加証拠金が発生する事がないので損失は証拠金の1,000ドルに限定されます。
借金のリスクを背負うことがないので、安全にトレードする事が出来ます。

また、国内業者は証拠金維持率が高いため、大きなLotを張ることが出来ません。
Lotが小さければ利益も少なくなってしまうので、大きな金額を稼ぎたい場合は海外FX業者一択だと思います。

スプレッド

スプレッドとは、トレードする度に取られる手数料です。
この手数料は、長くトレードをし続けていくと莫大な金額となります。

例えば、1日に10Lotトレードする方がいて、スプレッド1.5pips固定のドル円で毎日取引しているとします。
この場合、スプレッドに掛かる手数料は1日当たり15,000円です。
1ヶ月の内、20日間トレード出来るとすると、その手数料は300,000円になります。
1年間続ければ、3,600,000円です。

もちろん、1日10Lot以上トレードしている方はそれ以上の金額を支払っています。
普段トレードしている時は小さく見える手数料ですが、実際には多額の手数料を業者側に支払っている事を忘れないで下さい。
スプレッドの狭い業者でトレードをすることが、資金の増加に直結する事になります。

安全性

国内、海外問わずFX業者の中には、詐欺目的に運営している業者を数多くあります。
スリッページの処理は業者側にすべて任されているので、意図的にレートをずらすなど知らないうちに不正が行われている事も多いです。
そのため、海外FX業者を利用する際には、運営歴が長く安全性のある大手のFX業者でトレードする方が良いです。

運営歴は、出金の速度にも関わってきます
その理由として、最近できた業者と昔から存在する業者では資本の大きさが違うからです。
新規にできた業者は、基本的に負債を多く抱えています。
どんな企業でも負債があるのは当たり前ですが、新規の企業は内部留保が少なく資金が潤沢にあるとは言えません。

なので、1度に数百万、数千万の証拠金を出金しようとすると、かなりの確率で分割の出金になります。
大手の業者であれば、キャッシュが豊富にあるので一括で出金できる所が多くなっています。

おすすめFX業者3選

Exness

Exnessの公式サイト

Exnessの安全性

Exnessは、海外ではXMなどよりも大手なFX業者です。
Exnessグループとして、世界各国でブローカーを運営しています。

日本では、ExnessグループのNymstar Limited社という会社がExnessのサービスを運営しています。Nymstar Limited社は、セイシェル共和国金融庁(FSA)のライセンスを取得しています。セイシェルの金融ライセンスは取得するのは比較的容易です。

グループ会社であるExness (UK) LtdExness (Cy) Ltdはそれぞれ英国金融行動監視機構(FCA)キプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンスを取得しています。
英国金融行動監視機構(FCA)は、その監査がとても厳しいことで有名です。

そのため、Exnessグループ全体としての安全性、信頼性はFX業者の中でもかなり高い業者だと考えられます。

また、4大監査法人のデロイト・トウシュ・トーマツによって監査されています。
監査というのは、年に1回売上高や資金調達など会社に保存してある帳簿を徹底的に調べ上げ、会計上の観点から不正行為を行っていないかどうかを判断するものです。

こちらからExnessの財務情報について詳しく見ることが出来ます。

以上の点から、安全性については申し分ないです。

Banner Preview

Exnessの口座タイプ

Exnessでは、以下の4つの口座タイプを提供しています。

・スタンダード 口座
・プロ 口座
・ゼロ 口座
・ロースプレッド
口座

口座タイプによって、以下のような特徴があります。

項目スタンダード口座プロ口座ロースプレッド口座ゼロ口座
最大レバレッジMT4:無制限
MT5:2,000倍
MT4:無制限
MT5:2,000倍
MT4:無制限
MT5:2,000倍
MT4:無制限
MT5:2,000倍
最低入金額1USD1,000 USD1,000 USD1,000 USD
取引金融商品為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨
エネルギー
株価指数
株式
為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨
エネルギー
株価指数
株式
為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨
エネルギー
株価指数
株式
為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨
エネルギー
株価指数
株式
1Lot当たりの手数料無し無し最大3.5 USD3.5 USD~
平均スプレッド1.0~2.2pips0.6~1.4pips0.0~0.5pips0.0~0.1pips
最低スプレッド0.3pips0.1pips0.0pips0.0pips
1Lotの単位10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨
最大取引数量日本時間
16:00~5:59
200ロット
6:00~15:59
20ロット
日本時間
16:00~5:59
200ロット
6:00~15:59
20ロット
日本時間
16:00~5:59
200ロット
6:00~15:59
20ロット
日本時間
16:00~5:59
200ロット
6:00~15:59
20ロット
最大保有ポジション数無制限無制限無制限無制限
強制ロスカット水準0%0%0%0%
プラットフォームMT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5

最低入金額とスプレッド以外には、そこまで大きな差はありません。

スタンダード口座以外は、最低入金額が10万円からとすこし高額になっています。
その分、スプレッドに関しては、プロ口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座の方が優秀です。

Exnessのメリット

最大レバレッジ

Exnessは、最大レバレッジに制限がありません
無限倍のレバレッジを利用してトレードする事が出来ます。

ただし、証拠金残高によってレバレッジは制限されてしまいます。

海外FX業者では、口座にある証拠金残高によってレバレッジに制限を課す業者が多いです。
Exnessも同様に、資金残高によって制限が課せられます。

口座内証拠金最大レバレッジ
999ドル以下無制限
1,000~2,999ドル2,000倍
3,000~9,999ドル1,000倍
10,000~19,999ドル600倍
20,000~49,999ドル400倍
50,000~199,999ドル200倍
200,000ドル以上100倍

上記のように、証拠金が増えていくにつれてレバレッジが減少していきます。
レバレッジに制限がないのは、口座内証拠金が10万円までの間です。
その後は、30万、100万、200万、500万、2,000万円の時点でレバレッジが変更となります。
それでも2,000万円まではレバレッジ200倍なので、十分ハイレバレッジでトレードする事が出来ます。

強制ロスカット水準

Exnessは、強制ロスカット水準が0%です。
強制ロスカット水準が低いと、価格が逆行しても耐えることのできるpips幅が広がります。
そのため、ハイレバレッジと合わせて短期間で一気に資産を増やしていく手法と相性が良いです。

|関連記事|
海外FXのフルレバで資金を10,000倍にする方法

資金管理を徹底して普通にトレードしていく分には強制ロスカット水準はあまり意識しなくてもよい要素ですが、さすがに100%や80%の業者だとかなり使いにくいです。

スプレッド

Exnessは海外FX業者の中でも、スプレッドはかなり優れています。
スタンダード口座でもスプレッドは非常に狭い水準にありますが、プロ口座、ロースプレッド口座のスプレッドは一段と狭いです。

以下の表は、1Lot当たりのスプレッドと手数料を合わせた実質の手数料です。

通貨ペアスタンダードプロゼロロースプレッド
USD/JPY1.1pips
1,100円
0.7pips
700円
0.0pips(+7.0USD)
約728円
0.0pips(+7.0USD)
約728円
EUR/USD1.0pips
約1,040円
0.6pips
約624円
0.0pips(+7.0USD)
約728円
0.0pips(+7.0USD)
約728円
EUR/JPY1.9pips
1,900円
1.2pips
1,200円
0.1pips(+10.0USD)
約1,140円
0.4pips(+7.0USD)
約1,128円
GBP/JPY2.0pips
2,000円
1.3pips
1,300円
0.0pips(+15.0USD)
約1,560円
0.5pips(+7.0USD)
約1,228円
GBP/USD1.5pips
約1,560円
0.9pips
約936円
0.1pips(+9.0USD)
約1,040円
0.3pips(+7.0USD)
約1,028円
AUD/JPY1.3pips
1,300円
0.8pips
800円
0.0pips(+9.0USD)
約936円
0.1pips(+7.0USD)
約828円
※ 1ドル=104円

正気の表から、プロ口座、ロースプレッド口座のスプレッドが優れていることがわかると思います。
実際に利用してみても、XMなどのスプレッドが広い業者とは違ってかなり使いやすいです。

ただし、スタンダード口座以外の口座タイプは最低入金額が10万円なので気を付けましょう。

Exnessのデメリット

ボーナスキャンペーン

Exnessでは、口座開設ボーナスや入金ボーナスといった海外FX業者では一般的なボーナスキャンペーンを一切提供していません。

マイページには、以下のようにボーナス欄が存在しますが現状ボーナスキャンペーンを開催する見込みはないです。

Exness(エクスネス)のボーナスキャンペーン

ただ海外の居住者向けに運営しているExnessでは、過去にボーナスキャンペーンを開催したことがあります。
このことから、日本でも開催される可能性は0ではないので楽しみにしましょう。

iFOREX

iFOREX 公式サイト

iFOREXの安全性

iFOREXは、1996年創業しておりFXブローカーとして20年以上の歴史を持つ業者です。
長くFXトレーダーに利用されてきているので、その信頼性はかなり高いものだと思います。

iFOREXは、BVIFSC(英領バージン諸島金融サービス委員会)の金融ライセンスを取得しています。
このライセンスは金融ライセンスの中では比較的取得しやすいライセンスです。

そのため、Exnessなどには安全性は劣ってしまいますが、ライセンスを所有している事自体は安心できる材料だと思います。

iFOREXのレバレッジ

iFOREXが提供する口座タイプは1つのみです。
口座開設する際に口座タイプを選ぶ必要はありません。

iFOREXのレバレッジは、400倍です。
口座内の資金残高によってレバレッジが制限されることもありません。

資金が増えたとしても、永久に400倍のレバレッジでトレードする事が出来ます。

ただし、ロシアルーブルや中国人民元などが絡むマイナーな通貨ペアのレバレッジは制限されています。
ドル円やポンドドル、ユーロドルなどのメジャーな通貨であれば、400倍でトレードする事が可能です。

また、iFOREXも強制ロスカット水準が0%です。
そのためExnessと同様にハイレバレッジ手法と相性が良いFX業者となっています。

iFOREXのスプレッド

iFOREXもスプレッドが狭いので、非常に使いやすい業者となっています。

通貨ペアスプレッド
ドル円0.7pips
ユーロドル0.7pips
ポンドドル1.1pips
ユーロ円1.2pips
ポンド円2.3pips
豪ドル米ドル0.8pips
豪ドル円3.0pips
ユーロポンド1.2pips
※平均スプレッド

ドル円、ユーロドルはスプレッド0.7pipsと海外FX業者の中でもトップクラスにスプレッドが狭いです。

iFOREXのデメリット

スキャルピングが禁止されている

iFOREXでは、利用規約によってスキャルピングが禁止されています。

7.1.14.

お客様は、市場濫用と定義される方法またはその他の不正な方法で取引プラットフォームを使用したり、注文をしたり、取引を開始したりしないことに、同意します。
これには時間差取引やサーバーの遅延の利用、価格操作、時間操作、スキャルピング、他の全ての不正行為、お客様に不当な利益をもたらす行為、もしくは不公正とみなした行為が含まれます。
さらに、当社やそのサービスおよび得点を操作または乱用する目的で、別の口座との間で、または当社に関連する異なる名義の口座との間で、あるいは他社との間で、同じ銘柄または同様の銘柄のロングおよびショートポジションを同時に保有する行為もここに含まれます。

iFOREX利用規約

ここで言うスキャルピングとは、1日に10~数百回に及ぶ取引行為の事です。
そのため、スキャルピングをしたい方はiFOREXを利用する事はおすすめしません。

Exnessなどのスキャルピングを許可している業者でトレードするようにしましょう。

MILTON MARKETS

MILTON MARKETS 公式サイト

MILTON MARKETSの安全性

MILTON MARKETSの金融ライセンス

MILTON MARKETSは、バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)の金融ライセンスを取得しています。

運営会社は2015年に設立したWSM INVEST LIMITEDです。
現在は「Milton Markets Ltd.」に社名に変更しています。

WSM INVEST LIMITEDは、ニュージーランドFSPの金融ライセンスを取得していましたが、規制強化に伴い2017年に登録を解除されてしまいました。
そして、現在はバヌアツの金融ライセンスを取得して、FXブローカー事業を運営しています。
1度解除されてしまったものの再度金融ライセンスを取得していることから信頼性に力を入れていることが伺えます。

MILTON MARKETSのスリッページ保障制度

MILTON MARKETSでは投資家に対し約定力を保証するために、スリッページ保障という特殊な制度を設けています。
下記のすべての条件を満たしている場合、利用者の口座に対して注文価格と約定価格の差額(スリッページ分)を返金してもらう事が可能です。

  1. スリッページ幅が1pips以上
  2. 約定時間が500ms以上
  3. 約定時間がマーケットオープン・クローズ時前後60分以外
  4. 約定時間が指標発表・ニュース等の前後30分以外

スリッページの処理は全てFX業者側に任されているため、意図的にスリッページを発生させるFX業者も存在します。
そのため、このような制度を設けている事は、顧客保護に力を入れている事がわかります。

MILTON MARKETSの口座タイプ

MILTON MARKETSは、以下の3つの口座タイプを提供しています。

・スマート 口座
・エリート 口座
・エリートプラス 口座

口座タイプ別に以下の特徴があります。

項目スマートエリートエリートプラス
最大レバレッジ1,000倍200倍200倍
最低入金額3万円100万円1,000万円
取引金融商品為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨
エネルギー
株価指数
株式
為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨
エネルギー
株価指数
株式
為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨
エネルギー
株価指数
株式
取引手数料無料無料無料
スプレッド0.8pips~0.5pips~0.2pips~
ロット単位10万通貨10万通貨10万通貨
最小取引数量0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最大取引数量50ロット50ロット50ロット
最大保有ポジション数100ポジション100ポジション100ポジション
強制ロスカット水準50%50%50%
取引ツールMT4MT4MT4
口座通貨JPY
USD
EUR
JPY
USD
EUR
JPY
USD
EUR
ボーナスキャンペーン対象対象外対象外

最初に口座を開設できるのはスマート口座のみです。
口座残高によって、エリート口座、エリートプラス口座へとグレードアップする事が出来ます。

エリート、エリートプラス口座は口座残高が100万、1,000万円以上でないと開設する事が出来ないのでハードルは高いですが、スプレッドがとても狭いため海外FX業者の中でもトップクラスに取引環境が良いです。

エリートプラス口座では取引手数料無しに最低0.2pipsでトレードする事が出来るので、国内FX業者にも負けていません。

MILTON MARKETSのスプレッド

実際にスプレッドを見てみましょう。

通貨ペアスマートエリートエリートプラス
USDJPY1.2pips0.7pips0.5pips
EURUSD0.9pips0.6pips0.3pips
EURJPY1.1pips0.8pips0.5pips
EURGBP1.6pips1.2pips0.9pips
GBPUSD1.3pips1.1pips1.0pips
GBPJPY1.7pips1.2pips1.0pis
※平均スプレッド

口座のグレードが上がるにつれて、スプレッドは狭くなります。
加えて、取引手数料が一切ないのでExnessのロースプレッド口座などと比べても、実質の手数料はかなり安いです。

海外FX業者の中でスプレッドがエリートプラス口座より優れているFX業者は存在しないと思われます。
スキャルピングや自動売買などの制限も特にないので、資金に余裕のある方は検討してみて下さい。

MILTON MARKETSのメリット

口座開設ボーナス

MILTON MARKETSでは、常時5,000円の口座開設キャンペーンを行っています。
最初のリアル口座を開設するだけで5,000円のボーナスが付与されるので、約定力やスプレッドなどのトレード環境を把握する分には良いと思います。
10Lotの取引を行う事で、利益を出金する事も可能です。

入金ボーナス
MILTON MARKETSの入金ボーナス

口座開設ボーナスとは別に入金ボーナスも実施しています。
入金ボーナスは最大5万円まで50%、最大総計額50万円(もしくは相当額)まで20%の2段階のボーナスシステムです。

入金額適用されるボーナスボーナス金額合計証拠金
50,000円50,000円に対して50%25,000円75,000円
100,000円100,000円に対して50%50,000円150,000円
200,000円100,000円に対して50%+100,000円に対して20%50,000円 + 20,000円 = 70,000円270,000円
2,350,000円100,000円に対して50%+2,250,000円に対して20%50,000円 + 450,000円 = 500,000円2,850,000円

上記のように、入金額に応じてボーナスが付与されます。
ボーナスは資金を出金する時にすべて消失してしまいます。出金前にボーナスの有無を確認するようにしましょう。

MILTON MARKETSのデメリット

レバレッジ

MILTON MARKETSの最大レバレッジは1,000倍ですが、口座資金残高によってレバレッジに制限が課されてしまいます。

口座内有効証拠金最大レバレッジ
1,000ドル以下1,000倍
1,000ドル~10,000ドル500倍
10,000ドル以上200倍

スマート口座では、1,000倍、500倍とハイレバレッジでトレードする事が可能です。
しかし、エリート口座、エリートプラス口座は最低入金額が100万円を超えるため、必然的にレバレッジは200倍となってしまいます。

そのため、200倍以上のレバレッジでトレードをしたいという方は、iFOREXなどの口座資金によってレバレッジ制限が課されないFX業者を利用するのが良いです。
ただ200倍でも十分ハイレバレッジなので、低リスクでトレードしている方には不便ないと思います。

まとめ

海外FX業者を選ぶときに気を付ける点について理解できたと思います。

FX業者は実際に利用してみないとわからない点も多いため、まずは自分で試してみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました