【海外FX】法人口座を開設できるFX業者を比較!おすすめな法人口座とは?

海外FX口座徹底比較

法人口座とは、法人がFXをするために利用できる口座の事です。
法人口座でトレードをすることで得られるメリットはたくさんあります。特に、税金面で海外FX業者の法人口座はとても有利です。
本記事では、法人口座を開設できる業者を比較していきます。

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

海外FXの法人口座の税金について

法人口座を開設する大きな理由の一つである税金について軽く解説します。

口座種類適用税制税率
国内FX個人口座申告分離課税20%
(所得税15%+住民税5%)
国内FX法人口座法人税資本金1億円以下の法人の場合
所得800万円以下 15%
所得800万円超 23.2%
海外FX個人口座累進課税所得195万円以下 5%
195万超~330万円以下 10%
330万超~695万円以下 20%
695万超~900万円以下 23%
900万超~1.800万円以下 33%
1,800万超~4,000万円以下 40%
4,000万円超 45%
+住民税10%
海外FX法人口座法人税資本金1億円以下の法人の場合
所得800万円以下 15%
所得800万円超 23.2%

少し複雑かもしれませんが、国内FXと海外FXはこのように税率が異なってきます。
海外FXの個人口座の場合は、海外FXで稼いだ利益ほとんど全てに税金がかかってしまうので税金面でとても不利です。海外FXで数千万と稼ぐ方は、その半分近くを税金に取られてしまいます。

一方で、法人口座であれば稼いだ利益の中から家賃や車など色々なものを経費に落とす事が出来るので、稼いだ利益に税金がかかることなく様々な事にお金を使う事が出来ます。中には、年800万円以下の交際費枠というものがあり、外食代などを800万円までなら全て経費として落とすことも可能です

この他にも損失繰越などたくさんメリットはあります。なので、個人で稼げている方は、法人を設立してFXをした方がお得になります。
一般的に、年に副業(FXなど)だけで500万円以上の収入がある方は法人を設立した方が良いとされています

法人を設立するために掛かる費用は20~30万です。
少し高額かもしれませんが、法人がもたらしてくれるものにはもっと価値があるので、FXで稼げている方や副業収入がある方は法人を設立した方が絶対良いです。

海外FXの法人口座比較

海外FX業者の中で、法人口座を開設できる業者はある程度限られてきます
また、どのFX業者でも法人口座だからといって、何か特別な口座タイプがあるというわけではないです。

その海外FX業者が個人向けに提供している口座タイプの中から口座を選択する事が可能となっています。

以下に、法人口座を提供しているFX業者の特徴を比較しています。

海外FX業者名
Axiory

TitanFX

HotForex

iFOREX

GEMFOREX

Tradeview
最大レバレッジ400倍500倍500倍400倍1,000倍400倍
取扱銘柄通貨ペア
貴金属
エネルギー
株式
株価指数
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株式
債券
ETF
株価指数
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株式
ETF
株価指数
仮想通貨
通貨ペア
エネルギー
株価指数
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株式・ETF
株価指数
仮想通貨
口座通貨EUR,USD,JPYEUR,USD,JPY,AUD,SGDUSD, EUR, NGNEUR,USD,JPY,GBP,CHFUSD,JPYEUR,USD,JPYを含む9種類
1ロット単位10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨
国内銀行送金
最低入金額
1円100,000円×10,000円1円10,000円
入金方法国内銀行送金
国際銀行送金
VISA
JCB
STICPAY
VLoad
bitpay
国内銀行送金
VISA
MasterCard
bitwallet
STICPAY
VISA
MasterCard
bitpay
bitwallet
国内銀行送金
国際銀行送金
VISA
MasterCard
JCB
DinersClub
DISCOVER
DELTA
bitwallet
国内銀行送金
Visa
Mastercard
アメックス
DinersClub
DISCOVER
STICPAY
国際銀行送金
Visa
Mastercard
Bitwallet
STICPAY
bitpay
最大取引数量1,000Lot100Lot60Lot50Lot30Lot75Lot
最大同時保有ポジション数制限なし200300制限なし30制限なし
スキャルピング×
ロスカット20%20%20%0%20%100%
ボーナス無し無し有り有り有り無し
取引ツールMT4
CTrader
MT4
MT5
MT4
MT5
独自ツールMT4MT4
MT5
CTrader
Viking

この6つのFX業者はどこも大手で信頼性も高いのでおすすめです。大口のトレーダーに特に意識して欲しい項目が、最大取引数量です

特に、スキャルピングをする方であれば、少ないpips幅で利益を出すために大きなLotを張る必要があります。1回の注文Lot数が制限されていると注文ボタンを何回も連打する必要があり、取引タイミングを逃してしまう可能性もあります。

なので、スキャルピング~デイトレードで大きくLot数を張りたい方は、最大取引数量の多い業者を選ぶようにしましょう

おすすめ法人口座ランキング

1位 Axioryの法人口座

まず、最大注文可能Lotが1,000Lotと他の海外FX業者と比べてもずば抜けています。法人口座を利用する方は扱っている資金の額も大きいと思うので、Lot数の多い注文でもスムーズに約定できるAxioryは特におすすめです。

また、Axioryはスプレッドが狭いFX業者としても有名です。ドル円、ユーロドルなどは1.0pips前後でトレードする事が出来ます。
こちらから全通貨ペアのスプレッドについて詳しく見ることができます。(リアルタイムのスプレッドのため取引時間外にはスプレッドは広がっています。)

レバレッジは400倍ですが、口座資金残高が増えるにつれて制限されてしまいます。口座資金が2,000万円を超えた場合、200倍のレバレッジになってしまいます。海外FX業者の中には数百万円を超えるとレバレッジに制限がかかる業者が多いので、証拠金2,000万円での制限というのはそこまで厳しい方ではないです。

口座タイプは、スタンダード口座とナノスプレッド口座の2種類あります。
ナノスプレッド口座は、手数料を片道3.0ドル/1Lot払う代わりに低スプレッドでトレードできる口座の事です。スキャルピング、デイトレードをする方はナノスプレッド口座、スイングトレードをする方であればスタンダード口座がおすすめです。

Axiory公式サイトの法人のお客様というページから口座開設に必要な書類や手続き等を見ることが出来ます。法人口座の開設は、全てオンライン上で最短30分ほどで行う事が可能となっています。

2位 TitanFXの法人口座

TitanFXは、最大取引数量が100Lotと劣りますがおすすめです。

TitanFXの大きな特徴は、最大レバレッジに制限がない事が挙げられます。海外FX業者では、Axioryなどもそうですが、口座資金残高によってレバレッジに制限がかかる業者がほとんどです。しかし、TitanFXでは口座資金がいくらになったとしてもレバレッジ500倍でトレードする事が出来ます。

業者名~100万円~200万円~1,000万円~2,000万円~5,000万円

Axiory
400倍400倍400倍300倍200倍

TitanFX
500倍500倍500倍500倍500倍

XM
888倍888倍100倍100倍100倍

FBS
500倍500倍200倍100倍100倍

iFOREX
400倍400倍400倍400倍400倍

Tradeview
500倍500倍500倍100倍100倍

Exness
1,000倍600倍200倍100倍100倍

IS6FX
1,000倍1,000倍200倍100倍100倍

口座内の証拠金が少ない間はレバレッジの高い業者は多いですが、口座資金が500万円を超えたあたりからレバレッジに大幅な制限を課す業者がほとんどです。口座資金が増えてもハイレバレッジでトレードしたい方は、TitanFXが最もおすすめとなっています。

口座タイプは、Zeroスタンダード口座とZeroブレード口座の2種類です。
Zeroブレード口座の手数料は片道3.5ドル/1Lotなので、手数料に関してはAxioryのナノスプレッド口座の方が優れています。
Zeroスタンダード口座のスプレッドは、Axioryのスタンダード口座のスプレッドとそこまで大きな差はありません。スプレッドは変動制なため、Axioryの方が狭くなる時もあれば、TitanFXの方が狭くなる時もあります。

口座開設の時にお申込み口座を法人口座にチェックすることを忘れないようにしましょう。

3位 HotForexの法人口座

HotForexは、取引銘柄がとても豊富にあります。
CFDでは珍しいETFや債券から株価指数などを満遍なくトレードする事が出来ます。なので、様々な銘柄でCFD取引をしたい方はHotForexが1番良いと思います。

しかし、口座通貨に日本円が無い事と入金手段に銀行送金が利用できない事が少し使いにくい点だと感じます。
ただし銀行送金が直接できなくてもbitwalletには銀行送金をする事が出来るので、biitwalletに入れた後HotForexに入金をすれば間接的に銀行送金は可能となります。

スプレッドに関しては、海外FX業者の中では平均的な値です。レバレッジ制限は口座資金残高が3,000万円を超えるとかかる可能性があると明言されています。それまでは500倍とハイレバレッジでトレードする事が出来ます。

あまり関係ありませんが、HotForexはパリ・サンジェルマンのオフィシャルパートナーとなっています。

サッカーが好きな方にもおすすめです。

まとめ

法人口座を利用するメリットやおすすめなブローカーについて理解できたと思います。
法人の設立は最初に手間と費用は掛かりますが、節税に大いに役立ちます。

サラリーマンで会社に勤めているという方でも、配偶者などをうまく利用すれば法人を設立する事が出来ます
なので、年に500万円以上をFXで稼げる方であれば法人口座を利用する事をおすすめします。

|関連記事|海外FX業者の通貨ペアのスプレッド比較!

タイトルとURLをコピーしました