海外FXのハイレバで資金を10,000倍にする方法。フルレバレッジトレードの資金推移。

FXの勝ち方

海外FX業者を前提としたトレード手法です。
ハイレバレッジと強制ロスカット水準の低さを利用して、短期間で一気に資金を積み上げていく方法を解説します。

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

ハイレバレッジなFX業者について

海外FX業者の中でも、レバレッジや強制ロスカット水準は異なります。
このフルレバ手法では、レバレッジをフルに活用していくのでレバレッジが高い業者が望ましいです。

また、強制ロスカット水準の低さは、価格が逆行した時に耐えることのできるPips幅にかなり大きく影響します。

例えば、強制ロスカット水準が50%と0%では強制ロスカットまでのPips幅も2倍異なります。50%では10.0pipsで強制ロスカットされるところが、0%では20.0pipsまで耐えること出来るという事です。

強制ロスカット水準はだましなどを回避する事ができ、勝率にも大きく関係してくるので出来るだけ低い業者が望ましです。

以下の表は、レバレッジと強制ロスカット水準の一覧です。

海外FX業者名口座種類名最大レバレッジロスカット水準

FBS
スタンダード口座
マイクロ口座
ゼロスプレッド口座(STP)
3,000倍:口座残高2万以下
2,000倍:口座残高2万以上
1,000倍:口座残高20万以上
500倍:口座残高50万以上
200倍:口座残高300万以上
100倍:口座残高1,500万以上
20%

HotForex
プレミアム口座
マイクロ口座
500倍
1000倍

20%
10%

IS6FX
スタンダード口座
マイクロ口座
1,000倍:口座残高200万以下
500倍:口座残高200万以上
200倍:口座残高500万以上
100倍:口座残高1,000万以上
50%

XM
スタンダード口座
マイクロ口座
888倍:口座残高200万以下
200倍:口座残高200万以上
100倍:口座残高500万以上
20%

LAND-FX
DLC口座500倍:口座残高500万以下
200倍:口座残高500万以上
100倍:口座残高1,000万以上
30%

TitanFX
zeroスタンダード口座500倍
(制限なし)
20%

iFOREX
通常口座
(種類は1つのみ)
400倍
(一部マイナー通貨は制限あり)
0%

Axiory
スタンダード口座400倍:口座残高1,000万以下
300倍:口座残高1,000万以上
200倍:口座残高2,000万以上
20%

Tradeview
X Leverage口座500倍:口座残高1,000万以下
100倍:口座残高1,000万以上
100%

FXGT
通常口座
(種類は1つのみ)
取引ボリュームによってレバレッジが変化する。
500倍:ボリューム1億以下
200倍:ボリューム1億以上
100倍:ボリューム2億以上
50倍:ボリューム3億以上
20倍:ボリューム5億以上
50%

Exness
スタンダード口座
(MT4口座)
無制限(21億倍):口座残高10万以下
2,000倍:口座残高10万以上
1,000倍:口座残高30万以上
600倍:口座残高100万以上
400倍:口座残高200万以上
200倍:口座残高500万以上
100倍:口座残高1,000万以上
0%
※1ドル=100円で計算しています。

このフルレバ手法をやるのであれば、iFOREXExnessがおすすめです。
資金が500万を超えると、ExnessのレバレッジはiFOREXに劣ってしまうので、最終的にはiFOREXが一番効率が良いです。
上記の2つ以外の業者だと、効率が大きく低下してしまいます。

ただ、どのくらいの資金を目指すかは人それぞれ違うので、自分に合ったものを選べばよいと思います。

|関連記事|
iFOREXの評判、安全性について
Exnessの評判、安全性について

フルレバ手法で重要な事

リスクリワードについて

フルレバ手法は、強制ロスカットされるか目標である利確水準に達成するかのどちらかまで放置するという方法です。1回負けたらその時点で資金が0となって終わってしまうので、トレード手法自体の勝率は考えません。勝率が高い手法であればあるほど資金を増やせる確率が上がりますが、ここではすべて勝つ前提で話していきます。

一方で、フルレバ手法においてリスクリワードはとても重要です。リスクリワードが高ければ、その分早く資金を増やす事が出来るので、リスクリワードが見込めそうな場所を厳選してエントリーするようにしましょう。
理想は、1時間足や4時間足レベルでのエントリーです。
これならば、1度に数百pipsを取ることが出来るので、資金を一気に増やすことが可能となります。

通貨ペアについて

リスクリワードを向上させるためには、1度に数百pipsを狙いに行くトレードをする必要があります。
つまり、ボラティリティの高い通貨ペアでのトレードが望ましいという事です。

メジャー通貨であれば、ポンド絡みの通貨がおすすめです。
また、ゴールドも短期間で一気に値動きすることが多いのでおすすめです。
今回は、通貨ペアを用いて計算していきます。

強制ロスカットされるPips幅

iFOREXのレバレッジと強制ロスカット水準を用いて計算していきます。レバレッジは400倍、強制ロスカット水準は0%です。
通貨ペアは、ポンド円を用いていきます。1ポンド=140円で計算していきます。海外業者なので、1Lot=10万通貨です。

10,000円の証拠金があればレバレッジ400倍なので、フルレバで0.28Lotのトレードをする事が出来ます。
この時、強制ロスカットは35.2pipsの値幅が逆行した時されることになります。
ポンド円の為替変動によってLot数が変化するため、このpips幅は増減しますがここでは35.0pipsを1としてリワード別に資金の推移を考えていきます。70.0pipsの利確が出来たら、リスクリワードが1:2のトレードという事です。

リスクリワードが1:2であれば、数円ずれますが約20,000円の利益になります。証拠金は消えないので、1回リスクリワード1:2のトレードが出来れば資金は約30,000円となります。これを積み重ねていく事で資金を指数関数的に一気に増やすことが可能です。

レバレッジがもっと高ければ強制ロスカットされるpips幅が狭まりますが、その分リスクリワードを高める事が出来るので、資金を増やしていく速度が上昇します。

例えば、レバレッジが800倍であれば、0.56Lotのトレードをする事が出来ます。
強制ロスカットは17.5pips逆行した時点でされてしまいますが、70.0pipsの利確でもリスクリワードが1:4のトレードになります。1回のトレードで資金の4倍の金額を稼げるという事です。

通貨ペアによって強制ロスカットされるまでのpips幅は大きく異なります。
他の通貨ペアは証拠金計算サイトなどで計算する事が出来るので、自分が取引したい通貨ペアのものを計算してみて下さい。

資金の推移

リスクリワード別の資金の推移を見てみましょう。

リスクリワード初期資金1回目2回目3回目4回目5回目6回目
1:110,000円20,000円40,000円80,000円160,000円320,000円640,000円
1:210,000円30,000円90,000円270,000円810,000円2,430,000円7,290,000円
1:310,000円40,000円160,000円640,000円2,560,000円10,240,000円40,960,000円
1:410,000円50,000円250,000円1,250,000円6,250,000円31,250,000円156,250,000円
1:510,000円60,000円360,000円2,160,000円12,960,000円77,760,000円466,560,000円
1:610,000円70,000円490,000円3,420,000円24,010,000円168,070,000円1,176,490,000円
1:710,000円80,000円640,000円5,120,000円40,960,000円327,680,000円2,621,440,000円
1:810,000円90,000円810,000円7,290,000円65,610,000円590,490,000円5,314,410,000円
1:910,000円100,000円1,000,000円10,000,000円100,000,000円1,000,000,000円10,000,000,000円
1:1010,000円110,000円1,210,000円13,310,000円146,410,000円1,610,510,000円17,715,610,000円

実際にこのリスクリワードを維持し続けるのは無理なので、参考程度にしてみて下さい。
現実的なラインとしては、リスクリワード1:2~4だと思います。
かと言って、リスクリワード1:10のトレードをするのも無理ではないです。出来るだけリスクリワードを大きくするトレードを心掛けましょう。

リスクリワード1:4であれば、6回連続の勝ちトレードで1万円から1億円に資金を増やす事が出来ます。つまり、1万倍です。
ポンド円ならば、損切pips幅が35.0pips、利確pipsが140.0pipsのトレードです。ポンド円は、1日で100pips以上動くことが多い通貨ペアなので狙えるチャンスはかなりあると思います。
上手く長期足でのトレンドの始まりを捉えることが出来れば、数日かけて500pips以上を狙う事も可能となっています。

3回連続の勝ちトレードでも資金を100倍近くにする事が出来ます。6回連続で勝ちトレードは難しいかもしれませんが、3回程度であればかなり現実的に資産を増やせる手法として使えると思います。

まとめ

どのようにフルレバで資金を増やしていくのかが具体的に理解できたと思います。
10,000円程度の少額からでも億を狙う事が出来るのでコスパの良い方法だと考えます。
資金に余裕のある方は是非やってみて下さい。

資金に余裕がなく、堅実に資産を増やしていきたいという人はこちらの記事を見て下さい。

関連記事|億トレになるための資金管理法

タイトルとURLをコピーしました