【2021年最新】Exness(エクスネス)の口座開設からMT4の利用方法まで徹底解説!

Exness

Exnessの口座開設は、新規口座開設から身分確認書類の承認までを数時間から1日前後で行うことが出来ます。
口座開設で必要なものは、次の2点です。

本人確認書類(パスポート、マイナンバーカード、運転免許証など)
・住所確認書類(住民票、公共料金領収書、クレジットカードの利用明細など)

また、写真をアップロードする都合上、パソコンよりもスマホの方が楽にできると思います。
本記事では、Exnessの口座開設の一連の流れとMT4の利用方法を解説していくので、参考にしてみてください

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

①自身のアカウント登録をする

まずは、自分のメールアドレスとパスワードを用意してください。

パスワードは8~15文字、大文字小文字両方、数字アルファベット両方を含む必要があります。

また、パスワードは使い回しではなく、新しいものの方が好ましいです。
準備が出来たらまずExnessの日本語公式サイトにアクセスしましょう。
すると、以下の画面が出てきます。

スマホの場合は、下のバナーにある「サインインまたはサインアップ」をタップしてください。

Exness(エクスネス)の新規口座開設フォーム

赤枠の部分に居住地、メールアドレス、パスワードを入力していきましょう。

「私は、納税義務のある米国市民または~」のところのチェックも忘れないでください。

「続行」を押すとマイアカウントが作成され以下のマイページに飛ばされます。
また、入力したメールアドレスにメールが送付されているので、そこからログインすることもできます。

Exness(エクスネス)のマイアカウントページ

この時点でデモ口座の取引は可能になります。次にSMSの認証を行っていきます。

②SMS認証と個人情報の確認

Exness(エクスネス)のマイアカウント

赤いライン上の「実際に取引する」という部分をクリックしましょう。そして、電話番号の確認をしていきます。

メールアドレスの確認、電話番号の確認

ここに電話番号の入力をして、「コードを受信する」を押すと自身の携帯のSMSに確認コードが届きます。

電話番号に送信された6桁の確認コードの入力

届いた確認コードを入力してください。「続行」をクリックすると個人情報の入力になります。

個人情報の入力

名前、生年月日、住所を正確に入力しましょう。すべて日本語で大丈夫です。

入力し終わったら、「次へ」をクリックして完了です。

③本人確認書類等のアップロード

プロフィール確認の入力

最後に、プロフィールの入力と本人確認書類のアップロードをしたら完了です。

プロフィールの確認

「プロフィールの確認」をクリックしましょう。すると、以下の項目を聞かれます。

ここは深く考えすぎずに自分に大方当てはまっているものを選択していけば大丈夫です。

本人確認書類のアップロード

「次へ」を押すと本人確認書類の提出の画面になります。

本人確認書類の種類の選択、必要事項

本人確認書類は、次のいずれか1点を用意しましょう

・パスポート
・国民IDカード(マイナンバーカード、住民基本台帳カード
)
・運転免許証
・永住許可(在留カード)

準備が出来たら、本人確認書類の表裏の写真を撮影してアップロードしてください。
写真をアップロードしたら、アップロード完了の通知がメールに届きます。

本人確認書類のアップロードの確認

住所確認書類のアップロード

次は、住所確認書類です。
住所確認書類は、次のいずれか1点があれば大丈夫です

・公共料金の領収書
・住民票の写し
・納税通知書
・印鑑証明書

・携帯電話や固定電話の請求書、領収書
・クレジットカードや銀行の請求書、利用明細

マイナンバーカードを持っている方であれば、コンビニで手軽に住民票の写しを発行する事が出来ます。

フルネーム、住所が記載されていることと発効から6か月以内のものがアップロード可能となっています。

スマホなどで撮影したものをアップロードしてください。
本人確認書類と同様にアップロードが完了したらメールに通知がきます。

住所証明書類の確認

承認されるのを待つ

この2点の書類を提出したら、承認されるのを待つだけです。
通常、数時間から1日ほどで承認されます。承認されたら以下のようなメールが来ます。

住所確認書類が承認された場合

承認が正しくされないと以下のようなメールが来ます。

住所確認書類が承認されなかった場合

名義が異なっていたり、うまく撮影できなかった場合は承認されない事があるので、”Upload photo”からもう一度書類をアップロードしましょう。
これで、口座開設は完了です。
あとはトレードするための準備をしていきます。

④新規口座の開設

Exnessでは、以下の4つの口座タイプを提供しています。

・スタンダード口座
・プロ口座
・ロースプレッド口座
・ゼロ口座

おすすめな口座タイプは、下記の記事で詳しく紹介しています。
見るのがめんどくさい方は、10万円以上を入金するつもりならはプロ口座、10万円以下ならスタンダード口座を開設すれば間違いないです。

関連記事|Exness(エクスネス)のおすすめ口座タイプとは?

口座は複数作る事が出来るので、どの口座タイプを作るかあまり悩む必要もありません。全部の口座タイプを作って良いと思います。
ただし、スタンダード口座以外は最低入金額が10万円なので気を付けましょう。

新規口座の開設は、マイアカウントから行う事が出来ます。

新規口座の開設方法

「新規口座開設」をクリックしましょう。

ロースプレッド口座、ゼロ口座、プロ口座の説明

好きな口座を選んで、「本取引口座開設」をクリックします。

新規口座開設の際に選択できる項目

すると、このような画面になります。
取引プラットフォームはMT4かMT5です。
MT4だと最大レバレッジが無限倍、MT5だと最大レバレッジが2,000倍になります。レバレッジ無限倍を利用するつもりならMT4がおすすめです。

ただし、MT4のレバレッジ無限倍を利用するためには、Exnessのリアル口座で一定のLot数を取引する必要があります。

なので、最初は無制限を選択できないため、2,000倍を選びましょう。
口座通貨は、日本円(JPY)がおすすめです。
口座ニックネームはそのままでも大丈夫です。何か自分で用途を分けたい時には、ニックネームを変更するのが良いと思います。

口座パスワードはアカウント時に利用したものとは異なるものを入力しましょう。
同じでも大丈夫ですが、上手くトレードで勝ち続けていけば口座内に数百、数千万円と溜まっていくのでセキュリティの面からパスワードは厳重にしておく方が絶対良いです。このパスワードはMT4、MT5にログインする時に使用します。

以上をすべて入力、選択した後、「口座開設」をクリックすることで新しく口座を開設する事が出来ます。

⑤取引プラットフォームのインストール

公式サイトのツール&サービスからMT4、MT5をインストールする事が出来ます。スマートフォンの場合はApp Store、Google Playでインストールできます。

Exness(エクスネス)でMetaTrader4(MT4)をインストールする方法

「MetaTraderをダウンロード」をクリックしてインストールしていきましょう。
インストール中にMQL5というページに飛ばされるかもしれませんが、無視してタブを閉じてください。
ここでインストールしたものを起動する前にログイン情報を確認しておきましょう。
マイアカウントから「取引」ボタンの右横にある設定から口座情報をクリックしてください。

マイアカウントで口座情報を確認する方法

すると、以下の画面が出てきます。

サーバーやログイン番号などの口座情報

サーバーは、Real〇〇などRealの後に数字が割り当てられています。自分のサーバー番号を確認しておきましょう。
MT4ログインは、MT4と口座を結びつけるときに使います。メモやコピーなどしておきましょう。
確認が出来たらインストールしたものを起動していきましょう。
起動すると最初にこのような画面が現れます。

MetaTrader4の起動画面、サーバーの選択画面

アドレスは先ほど確認したものを選択して「次へ(N)」をクリックしましょう。

アカウント情報の入力画面

既存のアカウントを選択して、ログインとパスワードの欄を入力していきます。
ログインは、先ほど確認したMT4ログインを入力してください。

パスワードは、口座を開設する際に決定したものです。マイページにログインする時のパスワードではありません。

正しく入力出来たら完了です。
スマートフォンの場合も大きく操作は変わりません。
MT4のアプリ内で証券会社の中からExnessを探して、MT4ログインとパスワードを正しく入力すればすぐにできます。

あとは、入金をしてトレードするだけです。

Exness 口座開設まとめ

Exnessの口座開設から実際に取引できる環境を作るまでの一連の流れが理解できたと思います。
口座開設において一番時間がかかるのが本人確認書類の承認ですが、Exnessはサポートがしっかりしているので比較的早く口座開設をすることができます。

Exnessはレバレッジが無限倍ととても魅力的ですが、ハイレバレッジトレードはすぐに資金が無くなってしまうので資金管理には気を付けるようにしましょう。
損失を取り戻そうとするとかえって焦ってしまい、本来の調子を出すことは絶対にできません。
取引歴が浅い人は、まずはレバレッジを低くして、低リスク低リターンでこつこつやっていく事をおすすめします

タイトルとURLをコピーしました