Exness(エクスネス)のスプレッドは狭い?他のFX業者とスプレッドを比較してみた!

Exness

Exnessは海外FX業者の中でも狭い水準のスプレッドを提供しているFX業者です。また、Exnessはレバレッジ無限倍を提供しているFX業者としてとても有名です。
本記事では、FXの通貨ペアに絞ってExnessのスプレッドについて解説していきます

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

Exnessの口座タイプについて

Exnessには、以下の4つの口座タイプが存在します。

・スタンダード口座
・プロ口座
・ロースプレッド口座
・ゼロ口座

口座タイプによって、スプレッドや取引手数料は大きく異なってきます。まずは、口座の特徴について比較していきます。

項目スタンダード口座プロ口座ロースプレッド口座ゼロ口座
最大レバレッジMT4:無制限
MT5:2,000倍
MT4:無制限
MT5:2,000倍
MT4:無制限
MT5:2,000倍
MT4:無制限
MT5:2,000倍
最低入金額1USD1,000 USD1,000 USD1,000 USD
取引金融商品為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨
エネルギー
株価指数
為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨
エネルギー
株価指数
為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨
エネルギー
株価指数
為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨
エネルギー
株価指数
1Lot当たりの手数料無し無し最大3.5 USD3.5 USD~
平均スプレッド1.0~2.2pips0.6~1.4pips0.0~0.5pips0.0~0.1pips
最低スプレッド0.3pips0.1pips0.0pips0.0pips
注文可能な最大Lot日本時間
16:00~5:59
200ロット
6:00~15:59
20ロット
日本時間
16:00~5:59
200ロット
6:00~15:59
20ロット
日本時間
16:00~5:59
200ロット
6:00~15:59
20ロット
日本時間
16:00~5:59
200ロット
6:00~15:59
20ロット
最大保有ポジション数無制限無制限無制限無制限
強制ロスカット0%0%0%0%
プラットフォームMT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5

口座によって大きく異なるのは、最低入金額とスプレッドです。

スタンダード口座は最低1ドルから入金ができますがプロ口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座は最低1,000ドルからしか入金できません
その分、スプレッドに関してはスタンダード口座よりもプロ口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座の方が優れています

また、ロースプレッド口座とゼロ口座には取引ごとに手数料が掛かってきます
次にスプレッドと取引手数料を加味した実質手数料を比較していきます。

Exness口座ごとの実質手数料比較

今回は、1Lot(10万通貨)当たりの実質手数料を比較していきます。
1Lotは、ドル円の通貨ペアならば1,000万円分の取引です。通貨ペアはメジャーなものに絞っています。

通貨ペアスタンダードプロゼロロースプレッド
USD/JPY1.1pips
1,100円
0.7pips
700円
0.0pips(+7.0USD)
約728円
0.0pips(+7.0USD)
約728円
EUR/USD1.0pips
約1,040円
0.6pips
約624円
0.0pips(+7.0USD)
約728円
0.0pips(+7.0USD)
約728円
EUR/JPY1.9pips
1,900円
1.2pips
1,200円
0.1pips(+10.0USD)
約1,140円
0.4pips(+7.0USD)
約1,128円
GBP/JPY2.0pips
2,000円
1.3pips
1,300円
0.0pips(+15.0USD)
約1,560円
0.5pips(+7.0USD)
約1,228円
GBP/USD1.5pips
約1,560円
0.9pips
936円
0.1pips(+9.0USD)
約1,040円
0.3pips(+7.0USD)
約1,028円
AUD/JPY1.3pips
1,300円
0.8pips
800円
0.0pips(+9.0USD)
約936円
0.1pips(+7.0USD)
約828円
※1ドル=104円で計算しています。
※平均スプレッドです。

他の通貨ペアのスプレッドを詳しく見たい方はこちらから。

ゼロ口座はスプレッドが一番狭いですが、手数料が高いためスプレッドを含めた実質の手数料も少し高額となっています。
実質手数料を見るとプロ口座とロースプレッド口座が優れています。

しかし、円ベースから見た実質の手数料は為替変動によってその金額が前後します。それは、通貨ペアによって1.0pipsに対する日本円の価値が異なるためです。

例えば、1Lot(10万通貨)の場合、USD/JPYだと1.0pipsの上下で評価損益1,000円分の前後になりますが、EUR/GBPだと1.0pipsの上下が10ポンド分つまり評価損益が1,350円前後することになります(1ポンド=135円で計算)。ドル円とユーロポンドのスプレッドがどちらも1.0pipsの場合、スプレッドに掛かる実質の手数料はそれぞれ1,000円、1,350円になります。ドル円の手数料は常に固定されていますが、ユーロポンドの手数料はポンドと円の為替変動によって前後してしまいます。

また、手数料はUSD建てなので円高ドル安になればなるほど日本円ベースから見た手数料は安く済みます。極端な例で言うと、7ドルの手数料は、1ドル=200円の時1,400円、1ドル=100円の時700円となるので当然円高である後者の方が手数料が安くなります。つまり、円高の時はロースプレッド口座とゼロ口座が有利になるという事です。

実質の手数料を考えると、どれが一概に良いとは言えないので好きな口座を選びましょう。どの口座タイプを選んだとしても、スプレッドに関しては海外FX業者の中でも優れており、快適にトレードする事が出来ます。

他の海外FX業者とのスプレッド比較

スタンダード(STP)口座のスプレッド比較

まずは手数料を支払わない口座タイプの中で比較していきます。
スタンダード口座と呼ばれることが多いです。

海外FX業者口座種類名USD/JPYEUR/USDGBP/USDEUR/JPYAUD/JPY

Exness
スタンダード口座1.1pips1.0pips1.5pips1.9pips1.3pips

Exness
プロ口座0.7pips0.6pips1.2pips1.3pips0.8pips

XM
スタンダード口座1.6pips1.6pips2.3pips2.6pips3.0pips

TitanFX
zeroスタンダード口座1.3pips1.2pips1.6pips1.7pips2.1pips

FBS
スタンダード口座2.0pips1.1pips0.9pips3.0pips3.0pips

FXGT
口座は1つのみ1.6pips1.6pips1.9pips2.2pips3.0pips

iFOREX
口座は1つのみ1.0pips0.7pips1.0pips1.8pips3.0pips

HotForex
プレミアム口座1.7pips1.2pips1.8pips1.6pips2.3pips

IS6FX
スタンダード口座1.6pips1.5pips2.4pips2.3pips2.9pips

Axiory
スタンダード口座1.3pips1.2pips1.3pips1.4pips1.8pips
※平均スプレッド

このように、Exnessは他業者と比べても圧倒的にスプレッドが狭い水準にあります
これは平均スプレッドなので一概には言えませんが、Exnessのプロ口座がほとんどの通貨ペアで1番狭いです。
スプレッドだけでFX業者を決めるならExness一択だと思います。最低入金額が10万円という事を除けば不満はほとんどありません。

低スプレッド口座のスプレッド比較

次に、毎回のトレードに手数料を支払う代わりに低スプレッドで取引することができる口座を比較していきます。

海外FX業者口座種類名USDJPYEURUSDGBPUSDEURJPYAUDJPY手数料

Exness
ロースプレッド口座0.0pips0.0pips0.3pips0.4pips0.1pips3.5ドル

Exness
ゼロ口座0.0pips
(3.5ドル)
0.0pips
(3.5ドル)
0.1pips
(4.5ドル)
0.1pips
(5ドル)
0.0pips
(4.5ドル)
通貨ペアごとに異なる

XM
ゼロスプレッド口座0.1pips0.1pips0.3pips0.4pips1.2pips5ドル

TitanFX
zeroブレード口座0.3pips0.2pips0.6pips0.7pips1.1pips3.5ドル

FBS
ECN口座0.3pips0.0pips0.5pips0.5pips0.5pips6ドル

Tradeview
ILC口座
cTrader口座
Viking口座
0.2pips0.1pips0.4pips0.3pips0.5pips2.5ドル

HotForex
ゼロスプレッド口座0.2pips0.1pips0.4pips0.6pips1.0pips3ドル

Axiory
ナノスプレッド口座0.2pips0.1pips0.4pips0.2pips0.9pips3ドル
※平均スプレッド
※手数料は片道です。

手数料に関して、Exnessはそこまで優れていません。Tradeviewの2.5ドルが最安値です
また、ゼロ口座はスプレッドだけを見るととても優秀ですが、手数料の高さがやはり気になります。

これは平均スプレッドのため、取引量が多くスプレッドが狭くなりやすい欧州、ニューヨーク時間にはメジャー通貨ペアはどこの業者もほとんど0.0pipsに近づきます。
そうなるとスプレッドはほとんど誤差の範囲にあるため、メジャー通貨をメインで取引する方は手数料の安さで考えるのが良いと思います。

Exnessの良い所は、クロス通貨でもスプレッドが狭い部分にあります
AUD/JPYなどはメジャー通貨ペアと比べるとスプレッドが広くなりますが、Exnessは0.0pipsに近いスプレッドを維持しています。
なので、様々な通貨ペアを同時に見てトレードするという方にはExnessのロースプレッド口座が1番良いと思います。

Exnessを利用する際に気を付けること

早朝のスプレッドは広がる

Exnessは1日の取引が終わった日本時間の早朝に他FX業者と比べてもスプレッドがとても広がりやすい傾向にあります。
早朝に取引する方はいないと思いますが、スイングトレードなどでポジションを保有しているときに広がったスプレッドに逆指値注文に引っかかってしまう事があります

なので、数日間にわたってポジションを持ち続ける方はこのことを忘れないように気を付けてください。
その代わり、日中に関してはとても安定したスプレッドを提供しています。

ボーナスキャンペーンが開催されない

Exnessは他の海外FX業者とは異なり、入金ボーナスやキャッシュバックボーナスなどのキャンペーンが一切開催されていません
海外FX業者では魅力的なキャンペーンを開催している所が多いので、この点についてはExnessは見劣りしてしまいます。

しかし、入金ボーナス等の恩恵を授かれるのは最初だけです。その分スプレッドはトレードをする上でずっと付随してくるものなので、スプレッドが狭い業者でトレードする事は長いスパンで考えたら圧倒的にお得です
ただ、入金した額の100%のボーナスを受け取れるなど資金が少ない人にとっては、ボーナスキャンペーンの恩恵は計り知れません。
自分の資金と相談をしながらFX業者を決めることをおすすめします。

Exnessスプレッドまとめ

Exnessのスプレッドについて詳しく理解できたと思います。
4つの口座タイプの中でもプロ口座とロースプレッド口座は、スプレッド、手数料がとても優秀なのでおすすめです。

ただ、プロ口座とロースプレッド口座は最低入金額が10万円なのでまずはスタンダード口座を開設しましょう。
後からでも、他の口座タイプを複数開設開設することができます。

また、自分のアカウントページから上記のようにデモ取引も試すことができるので、実際に使ってみてから吟味することもできます。
デモ取引をして口座を自分で選ぶのがめんどくさいという方は、手数料がなくスプレッドの狭いプロ口座を選んでおけば間違いないです。

Exnessはレバレッジに関しても優秀です。
レバレッジ無限倍という破格のレバレッジを提供しています。

関連記事|Exnessのレバレッジ無限倍について

Exnessのレバレッジについてはこの記事で詳しく解説しています。

タイトルとURLをコピーしました