Axiory(アキシオリー)ではスキャルピングは禁止されていません。

Axiory

Axioryでは短期間での複数のトレード、つまりスキャルピングを禁止してはいません

また、Axioryはスプレッドが狭く約定率の高い事からスキャルピング取引におすすめなFX業者となっています。

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

スキャルピングにおすすめなAxioryの口座タイプ

Axioryでは、以下の2つの口座タイプを提供しています。

・スタンダード口座
・ナノ・スプレッド口座

この2種類の口座には、以下の特徴があります。

項目スタンダード口座ナノ・スプレッド口座
最大レバレッジ400倍400倍
取引手数料なし3USD/1Lot(片道)
取引金融商品為替通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
株式
為替通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
株式
口座通貨EUR,USD,JPYEUR,USD,JPY
平均スプレッド1.2pips~2.4pips0.2pips~1.4pips
ゼロカット保証適用適用
強制ロスカット20%20%
同一口座での両建て可能可能
最低取引量0.01Lot0.01Lot
最大注文Lot1,000Lot1,000Lot
取引通貨単位1Lot=100,000通貨1Lot=100,000通貨
最大保有ポジション制限なし制限なし
プラットフォームMT4,cTraderMT4,cTrader

スタンダード口座は、ビギナートレーダーからプロのトレーダーまで広く人気がある口座タイプです。一般的には、スイングトレードや中長期的なトレードを行うトレーダー向けに設計された口座ですが、自動売買にも対応しています。
MetaTrader 4口座を開設頂くと、MetaTrader 4用のEAを用いた自動売買や、MQL4と呼ばれる、MetaTrader 4専用プログラミング言語による開発されたシステムを使用することが可能です。
cTrader口座を開設頂くと、cAlgoにて開発したプログラムを利用することが可能です。

ナノ・スプレッド口座は、業界最安値の取引手数料と、最狭水準のスプレッドを実現した口座タイプです。ナノスプレッド口座は、スキャルピングや指数トレードと抜群の相性を誇り、プロトレーダーの方でも最高のパフォーマンスを実感する事が出来ます。

公式サイトでも上記のように、ナノ・スプレッド口座でスキャルピング取引をする事を推奨しています。
実際にAxioryのスプレッドはかなり狭く、スキャルピングをする方はかなり快適にトレード出来ます。

Axioryのスプレッドは変動制です。
現在のスプレッドは、Axioryの公式サイトから見ることが出来ます。

Axioryの約定力

約定スピードとスリッページ

スキャルピングをする上で、スプレッドに次いで重要な要素が約定力です。
約定拒否(リクオート)が発生してしまうと、せっかくの取引タイミングを逃してしまうなどトレードに大きな影響が出てきます。
FX業者の中にはトレーダーが不利になるような価格で約定をしたり、意図的に約定拒否をする業者も存在するので気を付けましょう。

Axioryは、約定率とスリッページのデータを公式サイトで公開をしています。

約定スピードの単位は、ミリ秒(ms)です。1秒の1,000分の1の単位なので、1秒=0.001msという事になります。
上記のデータでは、注文してから140~200msつまり0.14~0.20秒で約定し、注文が成立します。

スリッページとは、注文を出した価格と実際に成立した価格との差の事を指します。相場が大きく変動した場合には、大きなスリッページが発生する可能性があります。
スリッページはトレーダーに有利に働く場合もありますが、FX業者が意図的にスリッページを起こし不正を起こす可能性があるので、出来る限り無い方が良いです。

Axioryでは、スリッページが発生しない確率が62.367%です。
他のFX業者はこういったデータを公開していないので比較する事は難しいですが、約定力・スリッページに関してはAxioryは信頼性のあるFX業者だと思います。

Axioryのサーバー

AXIORYは、リクイディティ・プロバイダーと欧州(ロンドン)、米国(ニューヨーク)を中心とした、金融インフラ世界最大の「エクイニクス社(EQUINIX社)」のロケーションセンター内で、Tier1マルチバンクの流動性を集約し、最もタイトなホットスポットを瞬時に見つけ、迅速にお客様に提供する信頼のインフラを有しています。

このシステムは、AXIORYのマスターサーバーとヨーロッパ、アメリカのアグリゲーターによって、高いスペックのコンピューターサーバーシステムをエンジニアが24時間、365日その取引パケットに至るまでを監視しています。

サーバーと実行コアを戦略的に設置しており、取引プラットフォームはトップレベルの大手銀行と同じEquinix社のコロケーションセンターにあり、MetaTraderはTokio(TY3)、cTraderはLondon(LD5)に接続されています。

エクイニクス社は、データセンターの保有・リースおよび関連サービスを行う多国籍企業です。
アメリカ合衆国・カリフォルニア州・レッドウッドシティに本拠を置き、世界24カ国、約200カ所にデータセンターを保有しています。
NASDAQ上場企業でもあります。

なので、サーバーの強度に関しては安全です。
サーバーが脆弱な場合、注文が集中した時や何か不具合が生じたときには、すぐにサーバーがダウンしてしまうので、世界でも有数の企業のサーバーを利用している事は、かなり評価できる点だと思います。

まとめ

以上の点から、Axioryはスキャルピングに最適な業者だと言えます。

約定力を公開しているFX業者はほとんど存在しないので、Axioryの信頼性はかなり高いです。
心配な方は、Axioryアカウントを作ればAxioryのサーバーでデモ取引をすることが出来るので、約定力に問題が無いか自分で試してみて下さい。
もちろんアカウント1つあれば、そのままリアル口座でもトレードをすることが出来ます。

関連記事|Axiory(アキシオリー)の評判・安全性について徹底解説!!

タイトルとURLをコピーしました