本当に自分に適したFX口座の選び方~海外FX業者と国内FX業者の違い~

FXを始めるにあたって、口座選びで悩む方が多いと思いますが、人それぞれ自分に適した業者は違います。
このサイトでは、本当に自分に適している口座選びの方法を紹介します。

国内業者? or 海外業者?

まず迷うのはこの部分だと思います。国内業者と海外業者では、大きく以下の点が異なります。

・税金の制度(国内 一律20.315%、海外 累進課税制度 15%~55%)
・最大レバレッジ(国内 最大25倍、海外 平均500倍)
・ゼロカットシステム
・約定方式(DD方式 or NDD方式)

どれも重要な違いですが、口座を開設するにあたって意識してほしいのは最大レバレッジです。
資金が少ないにもかかわらず、国内業者の低レバレッジでトレードしても利益は全く得られません。資金を大きく増やしていくのにも、とても時間がかかってしまいます。
国内口座でトレードをするための目安の資金として、500~1,000万円あれば毎日数万~数十万円の利益をこつこつ得られると思います
また、強制ロスカット水準も高いので、簡単に強制ロスカットされてしまいます。

一方で、海外FXであれば少額からでもハイレバレッジを利用して指数関数的に資金を増やしていく事が可能です。
しかし、海外FXでは累進課税方式を取っているため利益が大きくなればなるほど税金も大きくなってしまいます。

所得金額所得税率控除額
195万円以下5%0円
195万超~330万円以下10%9万7,500円
330万超~695万円以下20%42万7,500円
695万超~900万円以下23%63万6,000円
900万超~1.800万円以下33%153万6,000円
1,800万超~4,000万円以下40%279万6,000円
4,000万円超45%479万6,000円

これにプラスして住民税が一律10%かかってしまいます。

つまり、年間の利益が330万円を超えると国内FXよりも海外FXの方が税金では不利になってしまいます
しかし、これは個人での場合です。

FXでは、法人口座というものがあります。
法人口座で海外FXをすることでFXで生み出した利益には、所得税ではなく法人税が適用されます。
資本金が1億円以下の法人の場合は、年間利益800万円以下であれば法人税15%、800万円を超えると法人税23.2%となります。
これならば国内FXと同程度の税率なので、海外FXでも税金の面で不利になることはありません。

また、法人ならば経費として節税できる幅が広がります。
法人名義でマンションを契約すれば、家賃を経費として落とす事も出来ます。
法人と聞くと、設立の仕方や税金などわからない方も多いと思いますが、800万円以上を稼げるような方であれば司法書士、税理士に依頼をすれば大丈夫です。費用は掛かりますが、税金対策や確定申告などを丁寧に代行してもらえます。

関連記事|法人口座を提供しているおすすめ海外FX業者

以上の理由から、資金が少ない方も多い方も海外口座でトレードする事をおすすめします。
このサイトでは、主に海外のFX口座を紹介していきます。

自分のトレードスタイルで決める!

どのトレーダーも、スキャルピングデイトレードスイングトレードの3つのスタイルに分かれます。
口座の中には、スキャルピングに有利な口座があり、トレードスタイルによって口座の選び方も変えた方が良いです。
もうスキャルピングでしか稼ぐ気がない!という方は、スキャルピングに有利な業者の口座1つだけでもいいと思います。

しかし、初心者の方は様々なトレードスタイルに合わせられるように口座も複数の業者で開設するのが望ましいです
では、それぞれのトレードスタイル別におすすめの口座を紹介していきます。

スキャルピング

スキャルピングをする上で1番大切なことはスプレッドです
小さい利益をこつこつ積み上げていくためにはスプレッドの広さは出来る限り狭い方がいいです。
国内業者はスプレッドが狭いので、スキャルピングならば国内口座の選択肢もありです。
ただ、海外にもスプレッドの狭い業者が存在します。

一方で、海外業者にはゼロスプレッド(ECN)口座というスキャルピング用の口座を用意している業者があります。この口座では、スプレッドが最低0.0pipsでトレードすることができる代わりに、一定の手数料を取引ごとに払います。
ですが、スプレッドを考えれば通常の口座でトレードするよりもお得にトレードすることができます。ECN口座では入金ボーナス等はなくなりますが、追加でスタンダード口座を作れば入金ボーナス等は使う事が可能です。
ECN口座は、約定力が通常のスタンダード口座よりも速いので、スキャルピングをする方は選択するべきです。
数あるECN口座の中でも特に手数料が安い業者を紹介していきたいと思います。

GEMFOREX

GEMFOREX(ゲムフォレックス))

GEMFOREXは、スプレッドに関して海外FX業者の中で最も狭い水準にあります。
GEMFOREXでは、オールインワン口座とノースプレッド口座という2種類の口座を提供しています。ノースプレッド口座はいくつかの条件がありますが、スプレッドに関してはとても優秀です。

しかも、取引手数料が一切かかりません
一般的に海外FXのゼロスプレッド口座は取引手数料が掛かるので、GEMFOREXのスプレッドを含む実質手数料は他の海外FX業者と比べて圧倒的に安いです。
ただし、ノースプレッド口座には次の条件があります。

・ボーナスが受け取れない
・最低入金額が30万円から
・裁量トレードのみ

最低入金額が30万円と少し高めですが、長くトレードをする上で手数料を減らせることに越したことはないので、スキャルピングであればGEMFOREXのノースプレッド口座で口座開設をするのが最もおすすめです。

オールインワン口座の場合、スプレッドは平均的ですが期間限定で10,000円の口座開設ボーナスや100万円まで100%入金ボーナスを開催していることがあります。
こちらから現在行っているボーナスキャンペーンを確認できます。

GEMFOREXでは4つまで口座を作る事が出来るのでオールインワン口座でボーナスを利用したトレードをしつつ、ノースプレッド口座でメインの取引を行うなど使い分けも可能です。

HotForex

HotForex

HotForexは、海外ではXMなどよりも評価が良くとても有名なブローカーです。
最近では、EUR/USDの通貨ペアのスプレッドが完全に0.0pipsになりました。手数料は他業者と比べても3ドル/1Lotと安い水準にあります。

また、取引商品が豊富であり、Fx以外にも仮想通貨や株価指数先物などたくさんあります。
スキャルピングを極めたいという方は、先物や原油のCFDでトレードしてみるのも面白いかもしれません。CFD銘柄は、値動きが激しいものが多く、短期間でも莫大な利益を上げることができます。
その分リスクは大きいです。慣れるまでは少額でトレードすることをおすすめします。

HotForexのECN口座の最大レバレッジは500倍です。

Tradeview

Tradeview

Tradeviewも海外ではよく知られた優良ブローカーです。
手数料は、なんと業界最安値の1Lot2.5ドルです。
スプレッドに関しても、平均的に狭いのでおすすめです。

Tradeviewで口座を開設する時に1つ気を付けなければならない点があります。それは、取引プラットフォームにより最大レバレッジが異なることです。Tradeviewでは、MT4/MT5/cTrader/Vikingなどたくさんのプラットフォームを選択できます。スキャルピングをする上でおすすめなプラットフォームは、cTraderのプラットフォームです。

ECN口座用のMT4/MT5の最大レバレッジは200倍ですがcTraderでは最大レバレッジが400倍となっています。
cTraderはスキャルピングがしやすいようにプラットフォームが作られているので悩んでいる方は、とりあえずcTraderを選択しておけば間違いないです。

口座開設申請の時に、上記のように選択すれば大丈夫です。最大レバレッジ400倍ですが、レバレッジ変更申告をしないと最大レバレッジが200倍のままなので注意しましょう。
入金後に申請すると1~2日で変更できます。

日本語サポートについてもとても優秀です。お問い合わせしたら、1分も経たずに返信を頂ける場合もあります。

デイトレード

デイトレードでは、もちろんスプレッドは大事ですがトレードが長期間になるにつれスプレッドの影響は段々少なくなってきます。
そこで、デイトレード用の口座を作る上で意識してほしいのは、業者ごとに開催しているボーナスです。入金ボーナスや取引ボーナスなどがあります。
中には、口座開設する時にもらえるボーナスだけで億り人になった方もいます。色々なボーナスを開催している業者の中で特におすすめなものを紹介します

XMtrading

XMTrading

ボーナスといえばXMが有名です。
口座を開設するだけで3,000円貰えます。入金ボーナスは、50,000円までの入金には100%、それ以降は20%で450,000円まで受け取ることができます。

また、XMにはロイヤリティプログラムという取引の量に応じてXMポイントというポイントが貰えるサービスがあります。
このXMポイントは、3XMポイント=1ドルのレートで交換することができ、証拠金として使うことができます。最初は、1Lotの取引で10XMポイントを受け取ることができます。

そして、口座開設からの取引日数に応じて段々受け取れるポイントが増え、最大で1Lotで20XMポイント受け取れるようになります。実質1Lotの取引で6ドルのキャッシュバックを受けれるという事です。
こちらからロイヤリティプログラムについて詳しく見ることができます。

入金ボーナスはどこの業者でもありますが最初だけのボーナスなので、長くトレードをしていくならXMポイントのようなキャッシュバックがあるブローカーかスプレッドの狭いブローカーがおすすめです。

最大レバレッジは888倍です。口座タイプはスタンダード口座、取引プラットフォームはMT5がおすすめです。

FBS

FBS

FBSは、世界で1,500万以上もの口座開設実績のある超大手ブローカーです。有名サッカークラブのバルセロナFCと業務提携もしています。
FBSには、Trade 100 Bonusという口座があり、自分のお金を入金しなくても、10,000円が口座に入った状態で取引できる口座開設ボーナス用の口座があります。
この口座には自分で入金することはできず、色々条件があるのでお試しでトレードするものだと思いましょう。

通常の口座では、入金ボーナスはなんと100万円まで100%のボーナスを受け取ることができます。100万を入金したら200万円分の資金を使ってトレードをすることが可能です。しかし、このボーナスにはいくつかの条件があります。

さらに、トレードごとに最大15ドルのキャッシュバックを受けることができます。通貨ペアごとにキャッシュバック額は異なりますが平均で6ドルは貰えるので、XMと同じ水準の恩恵を受けることができます。入金ボーナスを考えたらXMよりも優れています。

ただし、日本語対応があまりなされていないのがマイナスな点です。英語に苦手意識のない方は間違いなくおすすめなブローカーとなります。
10,000円貰える口座は、開設すれば無料でトレードすることができるので、日本語サポートが心配な方も実際に利用してみて決めるのもいいかもしれません。

口座の種類は色々ありますが、デイトレーダーの方はスタンダード口座を開設すれば大丈夫です。最大レバレッジは入金ボーナスを利用すると500倍です。利用しないと最大3,000倍でトレードできますが、資金が増えるにつれてレバレッジも小さくなっていくので入金ボーナスは受け取りましょう。

IS6FX

IS6FX

このブローカーを聞いたことある方は少ないかもしれません。
しかし、ボーナスに関してはとても優秀なブローカーです。期間限定で入金ボーナス最大300%になります。これは、入金ボーナスを提供している業者の中では業界トップです。
ただし、期間限定なので次いつ来るかわかりません。入金ボーナス以外にも20,000円の口座開設ボーナスなどたくさんのキャンペーンを行っているのでイベントが好きな方はおすすめです。

日本語にしっかり対応しており、カスタマーサポートも充実しています

ただ、IS6FXはメインで使う口座としてはおすすめできません。

何故かというと、is6comは2016年にできたブローカーなので信頼性が低です。出金トラブルなどの話はないですが、約定力に少し問題があったりします。

現在は、旧is6comは買収されてIS6FXというブローカーに変化しました。

関連記事|IS6FXとは何か?

詳しくはこちらの記事で解説しています。
ブローカーの運営会社が変わったことで金融ライセンスの取得など信頼性の向上を図る運営方針になりました。以前よりは安全性が確認できるブローカーになっています。

ボーナスだけは優秀なブローカーなので、まずはボーナス狙いで口座開設する事をおすすめします。

FXGT

FXGT

FXGTもキャンペーンが豊富なブローカーです。
期間によって様々なキャンペーンを開催しています。現在は100万円まで50%ボーナスと取引するごとにキャッシュバックボーナスを受け取れるキャンペーンをやっています。
過去には、200%の初回入金ボーナスや上限200万円まで30%の入金ボーナスキャンペーンを行っていたので今後のキャンペーンにも期待できます。
受け取れる金額の上限も大きいのでたくさん資金を投入したい方におすすめなブローカーです。

IS6FXと同様に、日本語サポートもしっかりしているので安心できます。

また、仮想通貨を取引したい方におすすめなブローカーとなっています。
仮想通貨の最大レバレッジが海外FX業者の中では最高水準なので、仮想通貨で儲けたい人はFXGTがおすすめです。

スイングトレード

スイングトレーダーは長い期間ポジションを持ってトレードをするので、スワップポイントを意識するようにしましょう。
ただし、スワップポイントは業者によってかなり異なります。自分が良く取引する通貨ペアに合っている業者を探しましょう。また、スワップポイントは変動制で国の政策金利によって決まります。
今スワップポイントが高いものでも、長期的に見ればマイナスに転じることもあるということを覚えておいてください。
なので、現時点のスワップポイントはあまり考慮せず、長期間で見て平均的にスワップポイントが高い業者を紹介していきます。

TitanFX

TitanFX

TitanFXは、EUR/USD・USD/JPY・AUD/JPY・USD/CHFなどの主要通貨のスワップが安定して高いのが特徴です。TitanFXはスプレッドもかなり低い水準にあるのでおすすめできます。

しかし、その分入金ボーナスが一切ないのでボーナスがどうしても欲しい方にはあまり向いていないかもしれません。
TitanFXは取引の透明性が高くシンプルで質の高いサービスを提供しているので、人気の高いブローカーとなっています。

日本語サポートもしっかりしており、日本人スタッフがEmailやライブチャットで平日24時間対応しています。
最大レバレッジは500倍です。

iFOREX

iFOREX

iFOREXは、取り扱っている通貨ペアの種類がとても多く、マイナー通貨ペアはスワップポイントがとても高いです。iFOREXは、1日に10回以上のトレードは禁止されています。なので、スイングトレードにおすすめなFX業者です。

また、iFOREXはなんと強制ロスカット水準0%でトレードすることができます。
このため、少ない資金からでもすぐにロスカットされることはなく、ハイレバレッジトレードで一攫千金を狙うことができます。また、Fx以外にも金、銀、株価指数など800以上の取引可能銘柄があり、値動きの激しいものにもハイレバレッジでトレードすることができるので、少額から億トレを目指したい方に是非おすすめします。

ボーナスも充実しており初回入金ボーナスは10万円まで入金額の100%のボーナスを受け取ることができます。
また、iFOREXには利息ボーナスという特殊なボーナスがあり口座資金が10万円から1500万円の間にあれば、毎月3%の利息をもらうことができます。

最大レバレッジは400倍ですが、ロスカットが0%ということを考えれば十分です。

おすすめFX口座まとめ

FX口座

スキャルピング用 (手数料)

デイトレード用 (ボーナス)

XMtrading
FBS
IS6FX
FXGT

スイングトレード用 (スワップ)

TitanFX
iFOREX

まとめ

初心者の方は、上記の業者からスキャルピング用デイトレード用スイングトレード用と1つずつ自分で良さそうなものを選択して口座開設すれば大丈夫です。
実際に使ってみないとわからないことも多くあります。

1つの業者しか使っていない人は勿体ないです。
スプレッドなどは小さな差ですが、トレードを積み重ねていくと段々大きな差になっていきます。ボーナスも同様です。あるのとないのでは資金力に大きな差が出てきます。

海外FX業者は利用者に継続的な還元サービスが多いので、是非今まで使ってこなかったという人は試してみてください。

今回は、自分に適した口座の選び方について解説しました。業者を使い分けることで自然とリスクの分散もすることができます。FX業者と言っても会社が倒産する可能性は0ではないです。リーマンショックで投資銀行大手のリーマンブラザーズが倒産してしまったこともあります。また、色々な口座を開設することで口座開設ボーナスの恩恵をたくさん得ることができます。口座開設するのは無料で数分でできるので、色々な業者を実際に見て自分に合ったものを模索することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました